4/4 巨人戦● 大志、おめでとう。

試合前に、今度はジャイアンツに感染者の知らせが。
大量入れ替えとなりましたが、さすが層の厚いジャイアンツ、手強い打線であることは変わりません。

試合は……巨2-1ヤ 悔しい逆転負け。

先発は金久保、昨年よりストレートの威力が増しました。
初回、無安打ながらピンチを招きましたが、落ち着いたマウンド捌きで得点を許しません。
5回の1死3塁のピンチも踏ん張りました。
5回、被安打2、無失点、昨年より逞しくなった金久保を見ることができました。
勝ち投手の権利を持ってマウンドを降りました。

打線は2回、先頭村上がヒットで出ると、すかさず初球で盗塁、荒木送って、太田が前進守備の間をぬくタイムリー。
良い形でこの巨人3連戦、すべて先制できました😃

しかしその後、巨人先発今村から、チャンスをつくるも崩し切れず。
追加点、ほしかったなぁ。

6回のマウンドは近藤弘樹。やはりリードした緊迫した場面での登板ありました。
そして今日も豪快なピッチングで簡単に3人打ち取りました👍
左の長谷川、右の近藤、計算できるリリーフを打者によって使い分けていけそうです。

1点リードの7回の、マウンドは坂本。
先頭打者にストレートのフォアボール…今日の敗因をあげるとすれば、これでしょう。
得点圏にランナーすすみ、ここで痛恨のパスボール…
あーぁ、金久保の勝ちが消えてしまいました。

そして、ここで代打 廣岡、マウンドは梅野。
大志にはジャイアンツでも活躍してほしいと願っているのですが、当然ここは打たれるわけにいかない。
レフトへあがった大きな飛球は、フェンス直撃のタイムリー3ベース、ついに勝ち越されてしまいました。
テレビにうつる笑顔の大志、なんか複雑。

1点を追う9回、先頭荒木がヒットで出ると、代走 俊足並木。
送りバントで2塁へすすみ一打同点の見せ場はつくりましたが、西浦・中村倒れゲームセット。

結果的には、7回のミスによる失点が直接の敗因でしたが、巨人相手に1点で逃げ切れるほど甘くは無いよな。
今村から点を取れるときにとれなかったことが敗因かな。
先発ローテの苦しい今のヤクルトにとって、今日の金久保の好投はとても明るい材料となりました。

昨日はヤクルトの田口が好投、今日はジャイアンツの大志が代打で勝ち越しタイムリー。
お互い良いトレードだったということかな。
お立ち台の大志…おめでとう。

(▼下に続く▼)

来週は神宮に戻ってきて広島戦、燕プロジェクトもあります。
神宮初勝利、期待しています!

↓「共感できた」「たのしかった」方は よろしければ1日1ポチッとしていただけるとうれしいです。

コメントは、@puntaro_ys の対象ツイート または 固定ツイートの返信まで。フォローもお待ちしています。

東京ヤクルトスワローズ 応燕ブログです。「傘の花 咲かせ」じゃなくて「傘の華 咲かせ」だよ。どっちでもいいんだけどね。(Swallow Blog)