4/21 広島戦△ 負ける気はしなかった

スタメン発表でちょっとびっくり。
1番西浦、7番西田(ファースト)ですか。対床田で右を並べたかったんですかね。

先発はスアレス。前回の広島との対戦では、好投するも西川の一発の失点のみで負け投手になってしまいましたが、最近打線は好調なので、今日は勝てるぞ。

試合は……広1-1ヤ ロースコアで引き分け

今日のスアレスは、ストレートは走り、変化球はキレキレ、いつにも増して安心感ある。このピッチングなら、今日は大量失点することはまずない。
そして相変わらずテンポが良く、見ていて気持ちいい。スアレスの投げる日って、必ず試合進行が早いな。

一方スワローズも、広島先発床田からチャンスらしいチャンスをつくれず、5回を終わって両チーム無得点。
6回の攻撃、好調 中村悠平がヒットで出塁、テツト フォアボールで一死1・2塁。村上三振に倒れますが、続く青木のタイムリーでスワローズ先制!
コロナ騒動で長期離脱していた青木ですが、すっかり状態は戻っているようです。

しかしその裏、ここまで危なげないピッチングを続けていたスアレスですが、連打とフォアボールで一死満塁のピンチ。
ここで會澤にあわやライトオーバーか、という犠牲フライを打たれ失点。
さらに、今日相性の悪いクロン、フルカウントからアウトローのボール臭い球をストライクとってくれて、ピンチを脱しました。
今日はこの判定が一番のポイントでした。

同点の終盤、昨日に続き清水・マクガフ・石山のリレーで得点を与えず。
スワローズも広島リリーフ陣から得点を奪えず、1−1同点で9回打ち切りゲームセット。
スアレスの好投は報われませんでしたが、今日も素晴らしいピッチングを見せてくれました。
それでも勝ちきれないところがある意味スワローズっぽい。

コロナ騒動で苦肉の策(?)で2番に起用された中村悠平でしたが、それが功を奏し青木が戻った今も2番に定着しました。2番に強力打者というのが最近のトレンドですが…昨日のようにきっちり犠牲フライを打つ、今日のようにきっちり送りバントきめる、加え自らもヒットで出塁しクリンナップにつなげる。理想の2番打者が勝利に大きく貢献している。

2日連続 9回の緊迫した場面で登板した石山ですが、昨日も今日も3者連続三振にとりました。ピッチングの組み立てが以前と少し変わった気がする。

ストレートで押して、フォークを振らせるイメージあったのですが、特に右バッターへのスライダーが効果的で三振がとれている気がします。
これも中村悠平のおかげなのか?

(▼下に続く▼)

明日は前回プロ初勝利をあげた金久保。
カード勝ち越しましょう。絶対勝つぞ!

↓「共感できた」「たのしかった」方は よろしければ1日1ポチッとしてくれるとうれしいです。

No post found

コメントは、@puntaro_ys の対象ツイート または 固定ツイートの返信まで。フォローもお待ちしています。

東京ヤクルトスワローズ 応燕ブログです。「傘の花 咲かせ」じゃなくて「傘の華 咲かせ」だよ。どっちでもいいんだけどね。(Swallow Blog)