交流戦セ・リーグ勝ち越し。侍ジャパンは…

昨日カープが勝利し、今シーズンの交流戦セ・リーグの勝ち越しが決定しました。
終盤ピンチを凌ぎ、若手の活躍で勝ち越しに成功、最後は栗林が三者連続三振、見事でした。
これで「セ・リーグは弱い」と言われなくてすむ。DH制導入の議論もしばらく下火になるかな。
とにかく喜ばしいことです。

さて、五輪代表「侍ジャパン」のメンバーが発表されました。
思ったことをいくつか。

スワローズからは、山田・村上の2選手

村上は、長打力・適応能力ともに文句なしの選出です。侍ジャパンの4番は村上だ!
気になるのは、所属チームでサードをまもるのは村上だけ、ということは、サードの守備につくということか。今季は守備も素晴らしい村上ですが、国際試合でやらかすと(GGのように)後世まで語り継がれてしまうので、無難にこなしてくれることを願います。

山田の選出は微妙だと思っていましたが、その経験を買われたんでしょうね。レギュラーシーズンのことを考えると、過去のこともあるので、山田には国際試合に出てほしく無いと思うファンも多いですが、出るからにはスタメンで活躍してくれることを願います。

投手陣は、無難な選出
順当なのは、オリックス山本・カープ森下。
楽天田中も、その経験から文句なしの選出ですね。
阪神青柳は、変速フォームで国際試合向きなのは間違いない。
菅野は一度離脱して復帰後 好調とは言えませんが、あと1ヶ月あるのでそれまでに完全復活できるかが鍵。
今が旬のクローザー 広島栗林・西武平良の2人はこの上なく心強い。
ソフトバンクの千賀・高橋の状態が良くなく、今回候補にもならなかったことが残念。
DeNA山﨑は意外でしたが、その他は無難な選出な気がします。

岡本・近本・梅野がはずれる
個人的に一番驚いたのは、巨人岡本がはずれたこと。好不調の波がはげしいから? それならテツトもそうだけど。外国人特有の動く球が苦手なんですかね。サード岡本・DH村上かと思っていたので、意外でした。
阪神近本も、守備と打撃・走塁のバランスの良さから、侍ジャパンには必要な選手だと思っていたので、選出されなかったのは意外です。
捕手はソフトバンク甲斐と阪神梅野を予想していましたが、広島會澤が選出されました。今季セ・リーグ独走の阪神からは青柳・岩崎の2投手だけというのも意外です。
それと今回は、ここ一番で代走周東が使えないのも痛い。

稲葉監督が悩んだ末選んだメンバーなので、これが今のベストなんでしょうね。
誰が出ても日本が金メダル狙えるチームであることは間違いない。

(▼下に続く▼)

少し前までは、五輪自体開催されるか不確定な感じもありましたが、ここ数日で開催は確定のようですね。
やるからには最高の結果を期待し、応援します。
真夏の炎天下の試合、今からでもなんとかならないものかな…

↓「共感できた」「たのしかった」方は よろしければ1日1ポチッとしていただけるとうれしいです。

コメントは、@puntaro_ys の対象ツイート または 固定ツイートの返信まで。フォローもお待ちしています。

東京ヤクルトスワローズ 応燕ブログです。「傘の花 咲かせ」じゃなくて「傘の華 咲かせ」だよ。どっちでもいいんだけどね。(Swallow Blog)