6/26 巨人戦● 今日も完敗。強い相手ほど応燕し甲斐はある。

6月末のデーゲーム、猛暑を警戒していたのですが、雲が厚く風もあって観戦日和でした。
昨日に続きTOKYOシリーズ、第2戦。
先発は小川、昨日のリベンジを期待します。

試合は……ヤ3-10巨 今日も完敗。

初回、塩見フォアボールで出塁、青木がツーベースで続き、無死2・3塁。
テツトの内野ゴロの間に塩見がホームイン、今日はスワローズが先制しました。

そして、続く村上がライトへタイムリー!

初回から2得点、今日は勝てそうだぞ、と思っていました。この時は。

先発の小川、初回2アウトからランナーを出し二死1・3塁としますが、坂本を打ち取りなんとか無失点。
2点リードをもらった2回、3連打を浴び2失点。せっかくリードしてもらったのに…試合はふりだしに。

3回も立ち直る気配なく、坂本のタイムリーで失点すると、さらに3ランホームランを打たれ、ここで降板。
高津監督に酷評され抹消されるきっかけとなった、5/2のハマスタDeNA戦と全く同じ、先制してもらいながら逆転され、3回途中で降板という残念な結果となってしまいました。
五輪休みまでの前半戦、もうあまり試合数もないので、抹消してミニキャンプというわけにはいかない。なんとか修正して、来週の土曜日もライアンを見られることを願います。

試合はその後、リリーフでマウンドにあがった坂本・星も失点を許し、5回には7点ビハインド、配色濃厚。

7回、無死満塁のチャンスが訪れ、大量得点の期待が高まりましたが、ここもテツトのタイムリーによる1点のみ。
投打噛み合わず、昨日に続き敗戦でした。

この連敗で上位のチームとは歴然としたチーム力の差があることを思い知らされました。
やっぱり巨人と阪神は強い。
とはいえ、全く勝ち目が無いわけでもない。応燕しているファンにとっては、強い相手と戦う時の方が応燕し甲斐がある。

今日は完敗なので、もうあまり書くことないのですが…

大量失点の投手陣で唯一、6回・7回に登板した大西がパーフェクトピッチング、見事でした!

(▼下に続く▼)

明日はスアレス、不調が続いて抹消されていましたが、また安定感抜群のピッチングを見せてくれるか。
明日は勝つぞ!!
予報は雨、やだなー。

↓「共感できた」「たのしかった」方は よろしければ1日1ポチッとしていただけるとうれしいです。

コメントは、@puntaro_ys の対象ツイート または 固定ツイートの返信まで。フォローもお待ちしています。

東京ヤクルトスワローズ 応燕ブログです。「傘の花 咲かせ」じゃなくて「傘の華 咲かせ」だよ。どっちでもいいんだけどね。(Swallow Blog)