7/7 阪神戦○ 途中出場の渡邉大樹が攻守に大活躍!

今日は、「つば九郎DAY2021~七夕~」
つば九郎3Dフィギュア(七夕 願い事ver.)をいただきました。

浴衣のつば九郎、この感じどっかで見たことある…相撲取りだ。

試合は……ヤ6-4神 神宮で阪神戦初勝利!

先発の高梨、初回にサンズにバックスクリーンにホームランを打たれ2失点。
それほど不調には見えなかったけど、先頭の近本をヒットで出し、足を使われリズムを崩し打たれてしまった。
いきなりの2点ビハインド、やっぱり阪神とは相性が悪い。

しかしその裏、先日ソフトバンクからトレードで阪神に入団した二保を捉えます。
塩見ヒット、青木フォアボールで無死1・2塁に。
そしてテツトがレフトスタンドへ逆転3ランホームラン!!!

ここで終わらなかったのが良かった。
村上がツーベースで出ると、中村のピッチャー返しのタイムリーで1点追加。
今日こそ神宮で阪神戦初勝利が見られそうだ。

高梨は、2回・3回を無失点に抑え立ち直ったかに見えましたが…
4回、佐藤にライトスタンドへ豪快な2ランホームランを打たれ試合はふりだしに。
効率の良い点の取り方をされてしまいました。

続く5回も、ピッチャーの二保にフォアボールを出してしまい(何やってんだか…)、近本の2ベースで無死2・3塁の大ピンチ。
正直、2失点は覚悟しました。
1アウトはとりますが、ここで高梨は降板。今日はなんだかテンポが悪かった、降板は仕方ない。

一死2・3塁でマウンドは…星!
こんな場面で登板できるほどアピール出来てたっけ!?
推しの星が重要な場面を任されて嬉しいが、不安だ。

しかしそんな不安を吹き飛ばしてくれました。
今日ホームランのサンズを三振にとり、2アウト。
マルテはフォアボールでしたが、1塁が空いていたので想定内。
続く今日ホームランの佐藤を空振り三振にとり、ピンチを脱しました。
三振をとりにいった落ちる変化球がことごとく決まらず、最後は力勝負、見事でした。
星をずっと応燕してきてよかった😀

初回4得点以降、打線はパッタリあたりが止まってしまいました。
四死球でランナーは出るのですが、あと一本が出ず。
スワローズリリーフ陣も踏ん張り、同点のまま試合は終盤へ。

8回のマウンドは清水。
一発浴びがちな清水ですが、気合い十分のピッチングで一発打ちそうな佐藤を空振り三振に!
この回を無失点で切り抜けました。

8回裏の攻撃、先頭の吉田大成がヒットで出ると、山崎が送りランナー得点圏へ。
打席は、途中出場の渡邉大樹。
初球をキレイなスイングで振り抜き、レフトフェンス直撃のタイムリーツーベース!

いつも終盤に代走・守備固めで出場することはありますが、打席に立つことがあまりなかった渡邉大樹の一振りで勝ち越しに成功。
この後、テツトの犠牲フライでさらに1得点。
2点リードで9回はマクガフ、もう勝ったも同然。

しかし、今日はそう簡単にはいきませんでした。
先頭原口のヒットに続き、近本の打球はセカンド横を抜けライト前へ。
ここでライト渡邉大樹が矢のようなストライク送球でサードタッチアウト!
勝ち越しタイムリーの渡邉が、守備でもビッグプレーを見せました。

その甲斐あって、マクガフが最後のバッターを内野ゴロに打ち取りゲームセット。
神宮で阪神戦初勝利! ゲーム差も再び3.5に。

高梨降板後、星・坂本・今野・清水・マクガフ、リリーフ陣全員が粘り強いピッチングをみせてくれたことが勝利につながりました。

8回に登板した清水が神宮初勝利。
そして、なんといっても今日は渡邉大樹。
途中出場で攻守に期待以上の大活躍、ヒーローインタビュー見ていたら涙出そうになった。

勝ったから、言わせてもらうと…
阪神のピッチャーはデッドボール出しすぎだ。
今日は、塩見・宮本・青木の3つ。
特に藤浪、マウンドにあがるとスタンドから口々に「ぶつけんなよ〜」
わざとじゃないのはわかるけど、球が速いだけにそれをコントロールできないなら凶器でしかない。
デッドボール2つ目からは1得点とか、デッドボール多い投手は登録抹消されるとか、特別ルール出来ないかな。

(▼下に続く▼)

明日はスアレス。ファームで調整できたんでしょうか。
この勢いで、明日も勝ってカード勝ち越し、首位争いに本格的に参戦だ!

↓「共感できた」「たのしかった」方は よろしければ1日1ポチッとしていただけるとうれしいです。

コメントは、@puntaro_ys の対象ツイート または 固定ツイートの返信まで。フォローもお待ちしています。

東京ヤクルトスワローズ 応燕ブログです。「傘の花 咲かせ」じゃなくて「傘の華 咲かせ」だよ。どっちでもいいんだけどね。(Swallow Blog)