5/1 DeNA戦● 高梨「魔の6回」今日も。

関東地方は最近、風が強い。先日の神宮では何試合か強風の中開催され、季節外れの花火大会に。
今日のハマスタも強風が吹き、予報では一雨ありそう、天候を味方につけるのはどちらのチームなのか。

試合は……De10-2ヤ DeNAに今季初黒星

今日の先発 高梨は悪くなかった。初回 オースティンに一発を浴び失点しますが、ストレートは走っていたと思う。

1点リードされた3回の攻撃、2死2・3塁からスタメン復帰した中村のレフトへの2点タイムリーで逆転に成功、今日もスワローズペースだった。
4回途中、降り出した雨が強くなり、試合は中断。このまま中止もありえると思ったが、雨は弱くなり試合再開。
この後流れがすっかり変わってしまった。

1点リードの4回裏、試合は再開したものの、かなり強い雨がまだ降っている。マウンドの高梨はかなり投げにくそう。特に変化球がきまらない。佐野をヒットで出すと、続く牧のショートゴロを西浦後逸。(これも多少は雨のせいでもあるのか。)宮﨑の犠牲フライで同点に。見ていて高梨がかわいそうになった。なんとか踏ん張ってほしかったけど、これは本当に仕方ない。

そして、6回。
今季の高梨は、6回は必ずピンチを迎える。今日も先頭オースティンをヒットで出すと、佐野のレフトフライを青木がキャッチしたかに見えたが、ボールがグラブからこぼれ無死1・2塁に。これも間違いなく強風の影響だ。天候はDeNAに味方したみたい。
続く牧のバントはピッチャー正面に。サードは余裕でアウトのタイミングだったのに、高梨ボールが手につかず、3塁に送球できず。無死満塁に。
青木も高梨も天候は言い訳にはしないと思うが…何故か高梨が投げている時ばかり雨が強かった気がした。今日も高梨にとって、魔の6回になってしまいました。

無死満塁の絶体絶命のピンチでマウンドは近藤。宮﨑・ソトを三振に打ち取り、ピンチを脱したかに思えたが、続く倉本の打球は、ピッチャーの足元をぬけセンターへ。ランナー2人かえりDeNAが勝ち越し。それほど強いあたりではなく、打ち取った感あっただけに残念。なにより近藤のピッチングは素晴らしかった。

勝ち越されはしたけどまだ2点差、今のスワローズ打線なら十分逆転は可能、だったのですが…
7回のマウンドは今野、ヒットやフォアボールもあり満塁とすると、痛恨の押し出しフォアボール、さらに宮﨑のヒットで失点。ここで今野は降板。代わった大下も流れを止められず、失点を重ねこの回大量6失点。試合は決まってしまいました。

8点ビハインドの9回の攻撃、せめて明日につながる反撃を期待しましたが、クリーンナップが三者凡退でゲームセット。
悪天候に流れを止められ、青木のエラーをきっかけに一気にDeNAに流れを持って行かれた試合でした。

青木の表情が全てを物語っている。

大量得点差でしたが、個人的には勝敗は紙一重だったと思う。

(▼下に続く▼)

明日のハマスタの予報は晴れ。天候に左右されることは無い。
そして先発はエース小川、カード勝ち越しの可能性は高い。
明日は勝つぞ!

↓「共感できた」「たのしかった」方は よろしければ1日1ポチッとしてくれるとうれしいです。

No post found

コメントは、@puntaro_ys の対象ツイート または 固定ツイートの返信まで。フォローもお待ちしています。

東京ヤクルトスワローズ 応燕ブログです。「傘の花 咲かせ」じゃなくて「傘の華 咲かせ」だよ。どっちでもいいんだけどね。(Swallow Blog)