4/30 DeNA戦○ 1日休んで全てが好転。みんな150キロオーバーだ。

今日からDeNA3連戦、ハマスタは無観客じゃないんだよね、いいな。
今季DeNAには5勝1分、負けなしですが、DeNAも打線に厚みが出て、広島に連勝して横浜に戻ってきたようなので、これまでのようにそう簡単には勝てそうにない。

5連勝の立役者 1番山崎・2番中村がスタメンからはずれ、塩見・青木が1・2番。誰が出ても期待の持てる打線が組めるとは、層が暑くなったなぁ。

試合は…De0-4ヤ 投打噛み合い完封勝ち

先発は昨季からストレートの威力が増した金久保、今日も力強い球を投げ込み、DeNA打線を打ち取りました。

1回・3回・6回に得点圏にランナーを背負いましたが、いずれも粘り強いピッチングで踏ん張り、6回106球を投げきり無失点。先発ローテ5・6番手ながら、一番安定しているのは金久保かも。ナイスピッチングでした。

打線は3回、テツトが左中間へ2点タイムリーツーベースで先制。

そして6回、オスナがもう少しでホームランというレフトフェンス直撃のツーベースで出塁すると、つづくサンタナがバックスクリーンへホームラン!
両方ツーアウトからの得点でした。
今日は、両チームに得点チャンスがあったのですが、それをしっかり得点に結びつけられたのはスワローズ、チーム状態の良さがうかがえます。

4点差となり、7回のマウンドは近藤、今日も快投で無失点継続。
8回は坂本、一発のあるオースティン・佐野にも力負けしませんでした。

9回のマウンドは梅野。先日の巨人戦では9回にメッタ打ちをくらいましたが、今日はしっかり無失点に抑えゲームセット。
完封勝ちでDeNAには負けなしです。

今日登板した、金久保・近藤・坂本・梅野、いずれも150キロオーバーのストレートでDeNA打線を打ち取り、見ていて気持ちの良いピッチングでした。特に坂本は、昨年から見違えるようにパワーアップしたと思う。

あと、代打の神様 川端が、今日はライトへスリーベース。川端といえば、バットに乗せるように上手くレフト前に落とすバッティングのイメージが強いですが、力強く引っ張るバッティングもできているのは、腰の状態も良い証拠だな。

去年のエスコバーの時も思ったのですが、オスナの3塁の守備は見ていて違和感がある。少年野球のコーチが教えるようなことは大リーガーには関係ないのかな。ちゃんと守ってくれればいいんだけど。
サンタナは…打撃でカバーしてくださいね。

(▼下に続く▼)

巨人に連敗して臨んだ今日のDeNA戦でしたが、連敗の後遺症もなく、新外国人も機能し、点差もあったのでリリーフの負担も少なく、ほぼ全てが好転したゲームでした。
この勢いで明日も勝つぞ!

↓「共感できた」「たのしかった」方は よろしければ1日1ポチッとしていただけるとうれしいです。

コメントは、@puntaro_ys の対象ツイート または 固定ツイートの返信まで。フォローもお待ちしています。

東京ヤクルトスワローズ 応燕ブログです。「傘の花 咲かせ」じゃなくて「傘の華 咲かせ」だよ。どっちでもいいんだけどね。(Swallow Blog)