5/14 中日戦○ 古賀の頑張りが勝利に大きく貢献

昨日は朝から雨、神宮行く気満々で雨具の準備してたら、中止の知らせが。
今日から雨の心配のないナゴドで中日3連戦。
先発はスワローズの勝ち頭 金久保、古賀との若いバッテリーで今日も快投を見せてくれるか。

試合は…中1-4ヤ 7人の継投で勝利!

中日の先発は勝野、これまで何故か打てていませんが…
打線は2回、オスナがレフトフェンス直撃のツーベースで出塁すると、サンタナのレフトへのタイムリーで先制。久しぶりに先制した気がする。
そして4回、オスナが今日2本目のツーベースで出塁すると、またもサンタナの外野の前に落ちるタイムリーで追加点。
新外国人2人が期待通りの活躍で、苦手としていた勝野を打ち試合の主導権を握ることができました。

金久保は今日もテンポ良く力のある球を投げ、1・2回は順調なピッチングだったのですが…
3回、京田の強い打球が直撃、緊急降板となってしまいました。大事に至らないと良いのですが。

一死1・2塁の場面でマウンドは今野。多分、つくってなかったんじゃないかな。
緊急登板となりましたが、3番ガーバーを3球三振、4番ビシエドを内野ゴロに打ち取りピンチを脱しました。

アクシデントで先発が早く降板、継投を余儀なくされたスワローズでしたが、中継ぎ陣はみんなランナーを背負う苦しいピッチング。

4回は回跨ぎの今野、3連続フォアボールで一死満塁のピンチとなるも、無失点。
5回は梅野、死球とヒットで二死1・3塁のピンチとなるも無失点。
6回は清水、2本のヒットで二死1・3塁のピンチとなるも無失点。
7回は近藤、先頭をヒットで出すと、高橋周平に打たれついに失点。素晴らしいフォークボールだったのに、残念。

7回を終わって1点リード、追加点の欲しいところ。
8回の攻撃、先頭の途中出場山崎が、右中間へスリーベースで無死3塁。
塩見・元山が倒れ、チャンスを潰したかと思いましたが、テツトが初球をたたき三遊間へ貴重な追加点となるタイムリー!
2点リードとなり、あとはマクガフ・石山で逃げ切るだけ。

しかしそのマクガフも今日は苦しいピッチング、ヒットと四球で二死1・2塁に。
ここで中日ベンチは京田に代え福留。
助かった〜!
そのまま京田の方が怖かった。案の定福留は打ち上げ3アウト。

9回の攻撃、山崎が今度はタイムリーでダメ押しとなる追加点、3点リードに。

3点あれば、石山はもう余裕。
9回、強気のピッチングで三者凡退に打ち取りゲームセット。

金久保・今野・梅野・清水・近藤・マクガフ・石山、7人の継投で勝利を掴みました。
10安打 打たれながら1失点、要所で踏ん張りました。少しツイてた感もある。

今日の試合では、古賀の頑張りが光りました。
7人のピッチャーをリードし、飛び出した1塁ランナーを刺し、盗塁も阻止。
昨年までは打席に立った際には、正直 投手と同程度の期待しかしていませんでしたが、今年の古賀は鋭いスイングで見違えるようなバッティング。
中村も好調なので、なかなかスタメン出場はありませんが、今後も成長した古賀に期待です。

(▼下に続く▼)

明日は、先日の登板予定が雨で流れた小川が先発。
中日にはここまで4勝1敗1分と相性が良い。
明日も勝つぞ!

↓「共感できた」「たのしかった」方は よろしければ1日1ポチッとしていただけるとうれしいです。

コメントは、@puntaro_ys の対象ツイート または 固定ツイートの返信まで。フォローもお待ちしています。

東京ヤクルトスワローズ 応燕ブログです。「傘の花 咲かせ」じゃなくて「傘の華 咲かせ」だよ。どっちでもいいんだけどね。(Swallow Blog)