5/18 阪神戦○ 8点リードでも安心できない、それが今のタイガース

昨日、サントリードリームマッチが開催されました。
少しメンバーが若返った感じで、五十嵐-古田のバッテリーも見ることができました。バースが来日できなかったのは残念。
プロ野球ファンにとっては、この上ないエンタメショーですね。

先発はサイスニード、前回初登板の巨人戦では制球安定せず、苦しいピッチングでしたが、力のある球は投げていたので、今日は来日初勝利を期待。

試合は…神3-14ヤ 今季対阪神 初勝利!

阪神先発は西勇輝、今日は雨上がりのマウンドが投げにくいのか、いつもより不安定なピッチングで、打てそうな球もきている。
2回の攻撃、オスナの右中間へのツーベースと青木の内野安打、そしてサンタナがフォアボールを選び、無死満塁。
ここで元山もフォアボールを選び押し出しで先制。西にしては珍しく、明らかなボール球だった。
なおも無死満塁で打席はサイスニード、打力は期待できないようなのでゲッツーにならないように三振するのかと思ったら、打たせてきました。いいのか? 案の定内野ゴロゲッツー…かと思ったら、リクエストで判定覆り一死満塁。結果オーライですが、この采配は疑問。
山崎の内野ゴロで1点追加し、この回2得点。阪神エース格の西から先制し、試合の主導権を握りました。

サイスニードは、今日も力強い球を投げ込み、1周り目は完璧に抑えました。2回の3連続三振は見事でした。
狙って投げているのかわからないが、ボールの速球で空振り三振がとれているのは、球に勢いとキレがあったからでしょう。
5回、来日して20打席ノーヒットのロハス・ジュニアにバックスクリーンに叩き込まれましたが、ストレートにタイミングをあわせてフルスイングしてきたのが当たっただけ、悪い球じゃなかった。

5回の攻撃、山崎がツーベースで出ると、中村が送り、一死3塁。ここでテツトがセンターへのタイムリーで1点追加。
さらに村上ヒットで続き、青木フォアボールで満塁とし、サンタナの今日2本目のツーベースでさらに2得点。
打線つながり、状態のあがらない西から大量5得点、前半5回を終わって4点リード、強力打線の阪神なので、まだ安心はできないが、今季対阪神 初勝利が見えてきた。

6回の攻撃、阪神リリーフの小野が4連続フォアボールで押し出し1点追加。
さらにサンタナの今日3本目のツーベースで走者一掃。サンタナは今日5打点と大当たりでした。

8点リードとなり、ほぼ勝利は確実と思っていましたが…
6回裏のサイスニード、先頭近本をヒットで出し、マルテに粘られフォアボール、そして佐藤のセンターへのヒットで失点。
ここでサイスニードは降板。多少球威は落ちてきた感もありましたが、点差もあるし続投でも良かったんじゃないかな。
サイスニードは6回途中3失点、奪三振7は素晴らしかった。ナイスピッチング!

今日はリリーフに負担のかからない展開のはずだったのに…6回から継投となってしまいました。
一死1・2塁でマウンドは梅野。ロハス・ジュニアのタイムリーの後、阪神梅野にフォアボールを与え満塁に。
点差もあるので、もっと強気に投げ込んでも良かったのに。
まだ7点リードだが、安心できなくなってきた。
なんとか後続を断ち、この回2失点で切り抜けましたが、ここであと1本打たれていたら勝敗はわからなかった。阪神打線、恐るべし。

終盤8回、村上のライトポール際へライナーで飛び込む12号ホームランでダメ押し。
塩見のスリーベース、川端のタイムリーでこの回3点。
9回には並木のプロ初安打の2点タイムリーツーベースもあり、大量11点リード。
これだけ点差があれば、さすがにもう安心。
9回は吉田大喜が3人で締めゲームセット。今季対阪神 初勝利を挙げました。

サイスニードは来日初勝利!
先発ローテの一角として、次回も期待しています。

今日は先制、中押し、ダメ押し、理想的な点の取り方ができました。
山崎・中村・山田・村上・オスナ・サンタナ、これだけみんな好調なのは珍しい。
青木も当たりに力が戻り調子は上向き、打線は絶好調と言って良い。

(▼下に続く▼)

今日は後半大量得点にまもられ勝つことができました。
僅差の試合も勝てるよう、投手陣の状態があがってくれば、さらに上も目指せそう。
明日も勝つぞ!

↓「共感できた」「たのしかった」方は よろしければ1日1ポチッとしていただけるとうれしいです。

コメントは、@puntaro_ys の対象ツイート または 固定ツイートの返信まで。フォローもお待ちしています。

東京ヤクルトスワローズ 応燕ブログです。「傘の花 咲かせ」じゃなくて「傘の華 咲かせ」だよ。どっちでもいいんだけどね。(Swallow Blog)