5/22 DeNA戦○ 昨日の悪夢ふたたび!?ではなかった😀

久しぶりに息子と神宮へ。席は離れてるけど。
バッティングドームに寄ろうと早く家を出たら、バッティングドームは緊急事態宣言のため休業、そうだった…残念。でもそのおかげで、練習やつば九郎の今日のひとことも見ることができました。

今日はクルーデー、選手もつば九郎もクルーユニ。

先発は前回登板で完封勝利の小川。
昨年ノーノー達成したのはDeNA戦。
今季KOされて抹消されたのもDeNA戦。
今日はどうなるか。

試合は……ヤ1-0De 完封リレーで勝利!

今日の小川は、完封した前回登板の中日戦を再現しているようでした。
調子の良い時と悪い時の差が激しい小川ですが、今日は初回を三者凡退で乗り切り好スタート。初回さえ凌げば大丈夫と思って良い。今日は調子の良い日だ。
ランナーは許すものの連打は許さず、要所をしめ得点を許しません。

好投の小川を打線が援護したいところでしたが…
2回、オスナがツーベースで出塁、青木がフォアボールで続くも、サンタナ併殺。昨日、こんなの何回も見たぞ、今日もか。

3回、先頭西浦がレフトスタンドへ飛び込むホームラン!

先日阪神戦では、8回に継投のノーノー阻止するヒットを放ったのも西浦。そういえば昨年覚醒してホームラン量産していたのも、開幕してしばらくたった頃、今年もそろそろ覚醒か!?

5回を終わって1点リード、小川の球数は67球で今日も完投ペース。

小川は5回以降も衰えることない球威とキレでDeNA打線を打ち取り、得点を許しません。
8回を投げ終え、ちょうど100球。

今日は両チーム打線ふるわず、チャンスらしいチャンスは無し。試合の進行が異様に早い。

問題はここ。
8回裏の攻撃、小川に打順がまわると、代打が送られ小川は降板。
え、うそっ。
まわりもみんな疑問の声。確かにリードは1点、追加点は欲しいのはもちろんだけど、この試合はもう小川に託そうよ。
まぁ、高津監督らしい采配ではあるが。

代打を出したにもかかわらず、追加点は奪えず、1点リードのまま9回へ。
9回のマウンドはマクガフ。

本来ここは石山の担当ですが、昨日のこともあるのか、石山は今日はべンチ入りもしていません。
石山じゃないとすると、今のスワローズリリーフ陣で一番信頼できるのはマクガフであるのは間違いないのだが…
先頭桑原のツーベースでいきなりピンチを背負い、ワイルドピッチで無死3塁に。あぁ、今日も9回裏あるのか。

しかしここからマクガフが集中力を発揮しました。
ゆるいファーストゴロでまず1アウト、続く佐野をアウトローギリギリのストレートで三振に。
2アウトとなり、あとは打者勝負。強打者オースティンを外野フライに打ち取りゲームセット。
ハラハラさせてくれましたが(半ばあきらめてましたが)、マクガフの力投で1点を守り切りました。

勝利の瞬間、スタンドは安堵と歓喜の声。一番安堵したのは間違いなく高津監督だろう。

前回同様に好投で無失点の小川ですが、前回はピッチャー有利のナゴド、今回はバッター有利の神宮。9回まで投げ切ることはできませんでしたが、前回以上の価値がある!
今年も2桁勝利は確実だ、と思わせてくれた小川のピッチングでした。

(▼下に続く▼)

明日もDeNA戦、交流戦前の最終戦です。
先発はスアレス。ここ数試合不調で抹消されていましたが、小川同様、復調していることを期待します。
DeNAは、今永がかえってきたようです。
投手戦の予感、明日も勝つぞ!

↓「共感できた」「たのしかった」方は よろしければ1日1ポチッとしていただけるとうれしいです。

コメントは、@puntaro_ys の対象ツイート または 固定ツイートの返信まで。フォローもお待ちしています。

東京ヤクルトスワローズ 応燕ブログです。「傘の花 咲かせ」じゃなくて「傘の華 咲かせ」だよ。どっちでもいいんだけどね。(Swallow Blog)