5/30オリックス戦● ルーズヴェルトゲームも負ければつまらない。

昨日のデッドボールのせいか、青木がスタメンをはずれました。心配ですが、ベンチには入っているので最悪の事態は免れたようです。

1勝1敗でむかえたオリックス第3戦、交流戦まだノーヒットの村上のバットに期待。

試合は……オ8-7ヤ 接戦を落とす。

先発はスアレス、立ち上がり先頭バッターを力強い球で三球三振にとり今日はいけるのか!?


しかし一変、次のバッターにストレートのフォアボール、4番杉本には左中間スタンドへはこばれいきなり2失点。今日のスアレスは、カウントがとれずボール先行、決め球に欠きファウルで粘られ出塁を許す悪い展開。
2回も連打で失点。何を投げても打たれる、野手の正面に飛んでくれることを祈るばかり。
その後村上のエラーもあり二死満塁に。
打席はあっているT-岡田、ここも粘られ10球目、インローの変化球、判定は…ストライク! とってくれなくても仕方ない球だった。判定にも助けられ、2回までなんとか3失点。

打線は4回、中村が死球で出ると、テツトが左中間へツーベースで一死2・3塁となり、打席は村上。一本欲しいところでしたが見逃し三振…。
でも今のスワローズ、村上だけではありません。続く好調オスナがライトへ2点タイムリー!
一方的に負けている雰囲気でしたが、気づけば1点差に。

3回は三者凡退で終え 立ち直ったかに見えたスアレスですが、4回2アウトから死球・四球でランナー出し、さっきホームランを打たれた杉本に今度はレフトへタイムリーツーベースを打たれ失点。スアレスはここで降板。
代わった坂本がワイルドピッチで3塁ランナーかえりさらに1失点。
せっかく味方が2点取り追い上げムードだったのに、この2アウトからの2失点はもったいなさすぎる。
結果を残せなかったスアレス、また抹消は免れることはできなさそうです。

5回を終わって3点ビハインド、まだワンチャンスで追いつける点差、後半打線の爆発に期待。

6回の攻撃、先頭の好調塩見が右中間へツーベース、相手のミスもあり3塁へ。確実に1点はとっておきたいとことでしたが、中村・テツトが連続三振で交流戦全くあったっていない村上に。
村上の右中間へ打ち上げた打球は、外野フライかと思ったら、ぐんぐん伸びてホームラン! 交流戦初ヒットをホームランできめました。

この一打でオリックスペースだった試合が一変、再び1点差となり、試合は終盤のリリーフ勝負へ。

7回の攻撃、好調サンタナがヒットで出ると、2アウトから山崎が内野安打でつなぎランナーためて、打席は塩見。
やはり塩見は絶好調、ピッチャー返しのセンター前ヒットでついに同点に追いつきました。

ここで終わらない、続く中村の強い打球はショート正面、しかしこれが強襲ヒットとなります。3塁を飛び出した山崎への送球が逸れ、球はスワローズベンチへ。これで山崎だけでなく2・3塁間にいた塩見もホームインが認められ、2点勝ち越し!
ラッキーもあり、あれよあれよと言う間に逆転してしまいました。

今日はスアレスが早めに降板したので、リリーフ総動員。
5回以降、坂本-今野-清水が今日も素晴らしいピッチングでしっかりリードを守りました。
8回のマウンドは石山。連打と送りバントで一死2・3塁に。三振で2アウトとしますが、踏ん張りきれずヒットを打たれ1失点。
リードは1点となってしまったため、ここで早くもマクガフ投入。しかしそのマクガフも吉田正尚に右中間へ2点タイムリーを打たれ、逆転を許してしまいました。
先発が頑張れなかったツケがまわってきました…

1点ビハインドの9回、中村がフォアボールを選び同点のランナーが出て、打席はテツト、ホームランで逆転のシーンでしたが、見逃し三振。
続く村上はフォアボールで歩かされ、打席は期待の代打川端でしたが、打ち上げてゲームセット。

スアレスの乱調で始まった今日のゲーム、不調だった村上が一振りで流れを変えてくれました。さすが不動の4番です。
外国人コンビと塩見が絶好調、テツト・村上にもあたりが戻り、雰囲気は良かったのですが、勝ちパターンが打たれて敗戦。ダメージは大きい。
明日が休みでよかった…

(▼下に続く▼)

来週は神宮6連戦、打線は悪くないので、投手陣が1日休んでリフレッシュできることを願います。
石井監督の楽天には負けたくないなぁ。
絶対勝つぞ!

↓「共感できた」「たのしかった」方は よろしければ1日1ポチッとしていただけるとうれしいです。

コメントは、@puntaro_ys の対象ツイート または 固定ツイートの返信まで。フォローもお待ちしています。

東京ヤクルトスワローズ 応燕ブログです。「傘の花 咲かせ」じゃなくて「傘の華 咲かせ」だよ。どっちでもいいんだけどね。(Swallow Blog)