6/3 楽天戦● ミスが続くと流れも来ない。

ここ6戦の勝敗は ○●○●○●
ということは、今日は○ 勝つ予定です。

サイスニードが神宮初登板。生サイスニード初めて見た。デカい。

試合は……ヤ2-4楽 久しぶりの連敗。

打線は3回、2アウトから好調塩見がセンターへ先制ホームラン!

そして、やっと出ました。
続く青木がライトスタンドへライナーで飛び込むホームラン!

連続アーチで2-0とし、流れはスワローズに。勝てそうな気がしてた、この時は。

先発のサイスニード、序盤はほぼ完璧なピッチング。
日本の野球にも慣れ、いよいよ本領発揮! と思ったのも束の間。
4回、先頭から連続フォアボールで1・2塁とし、ライトへタイムリーを打たれ失点。
さらにヒットで満塁とすると、痛恨の押し出しデッドボール。(当たったのか?)
せっかく良い流れだったのに、これで流れは楽天にいってしまいました。

なおも無死満塁、しかしここは粘り強いピッチングで追加点は許さず。良いんだか、悪いんだか。

5回にも連打で失点し、逆転されてしまいました。
結局サイスニードは5回 被安打6、3失点。立ち上がりが良かっただけに、やはり4回の連続フォアボールが悔やまれる。

今日はどうしちゃったんでしょう? ミスの連続。

4回の攻撃、2アウトからサンタナ・中村の連打で1・2塁、打席は昨日バント失敗の元山。取り返すチャンス!

見事!センターへ弾き返したのですが…サンタナがサードオーバーランでタッチアウト。ホームへ突っ込んでいてもタイミングはアウトっぽかったけど、中途半端はダメだよ。3塁コーチがもっとしっかり止めるべきだったのかな!?

5回、セカンド後方へあがったフライをテツト・サンタナ・塩見でお見合い、というかスタンドから見ていた感じでは、多分サンタナの球で、テツトと塩見はサンタナがとると思っていたが、肝心のサンタナはとる気なかったか、見失ってた?
スタンドも静かなんだから、声出そうよ。

6回のマウンドは今野。古巣相手に力強いピッチングを見せました。
打ち取ったあたりが、オスナの悪送球で1・2塁のピンチに。粘られながらも粘り強く投げ続けピンチを凌ぎました。

1点を追う8回の攻撃、青木がツーベースで出塁

一打同点のチャンスでしたが、テツト・村上倒れ、チャンスを生かせません。
今日、クリーンナップは無安打。スタンドからはため息ばかり聞こえるはずです。

8回からの回跨ぎで登板の石山が、9回に一発を浴び点差は2点に。石山のクローザー復帰はさらに遠のきました。
なんか昨日と展開そっくりだな。
1点差と2点差では、9回相手に与えるプレッシャーが格段に違う。
9回、楽天クローザー松井裕樹から、サンタナの内野ゴロがボテボテだったことが幸いし内野安打で出塁しますが、中村・西浦倒れゲームセット。
交流戦初めての連敗で、4勝5敗と負けが先行してしまいました。

ミスが続くと流れも来ない、そんな感じの試合でした。

(▼下に続く▼)

青木が今日はホームランを含む3安打。いよいよ本来の姿に戻る日も近い。
明日から西武戦、そして明日の先発は石川。
スワローズファンの2大願望〜
「石川さんに勝ち星を!」
「青木さんがいるうちに優勝を!」
絶対勝つぞ!
(天気予報は雨、開催は微妙ですが。)

↓「共感できた」「たのしかった」方は よろしければ1日1ポチッとしていただけるとうれしいです。

コメントは、@puntaro_ys の対象ツイート または 固定ツイートの返信まで。フォローもお待ちしています。

東京ヤクルトスワローズ 応燕ブログです。「傘の花 咲かせ」じゃなくて「傘の華 咲かせ」だよ。どっちでもいいんだけどね。(Swallow Blog)