6/23 広島戦○ 荒れた打ち合いのゲームを制し3連勝!

昨日、大規模接種センターでワクチン打ちましたが、その後体調不良もなく一安心。打ったところが筋肉痛のように違和感はある。

先発はサイスニード。交流戦の予備日で日程に余裕があり、駒は他にもあったのに、あえてサイスニードを出してきた高津監督の思惑とは!?

試合は……広8-5ヤ 3連勝で3カード連続勝ち越し。

一巡目 3回までは完璧なピッチングをしながら、4回に突如別人のように大崩れするサイスニードですが、今日は初回から不安定。
4回まで毎回ピンチを招き、毎回失点。昨日の田口のように粘れません。

今日のサイスニードは、荒れていたという表現がぴったり。目の覚めるような素晴らしい球を投げたかと思えば、打ちごろの高めやはっきりしたボール。
今日も4回途中 5失点で降板。残念な結果となりました。

それでも打線は好調。
初回、塩見がフォアボールを選び出塁すると、青木の1塁線へのタイムリーで瞬く間に先制。
3回も、エラーで1点の後、オスナの特大ホームランでさらに3点追加。

さらに4回、塩見・テツトのタイムリーで2点追加。
どこからでも点のとれる打線、相手チームから見れば怖いだろうな。

あれだけサイスニードが打たれたのに、5回を終わって5-7で2点リード。

7回の攻撃、エラーでもらった無死1・2塁のチャンス、中村の絶妙のバントでランナー進み、サンタナ死球で満塁に。
ここで元山がレフトへ犠牲フライで1点追加。
ほしかった追加点がやっとはいり、リードは3点に。

4回途中から継投を余儀なくされたスワローズ。
大西・梅野・今野・清水が、それぞれランナーは出すものの、得点は許さずリードしたまま最終回へ。
先発は粘れませんでしたが、中継ぎは全員よく頑張って粘ってくれました!

そして最終回はマクガフが磐石のピッチングで三者凡退に抑えゲームセット。
両先発が早く降板する荒れた打ち合いの試合、どちらが勝ってもおかしくない展開でしたが、広島の大事な場面での2つのエラーが結果的に勝敗を分けました。

中村悠平が通算1000試合出場を達成

元山、今日も大活躍
昨日先制タイムリーの元山ですが、今日も2本のヒットでチャンスメイク、そして貴重な追加点となる犠牲フライを打ち、勝利に大きく貢献。試合に出ることが多くなり、対応力がついたように感じる。直亨もうかうかしていられない。あとはバント上手くなってくれれば言うことなし。

自打球で途中交代の村上が、明日は元気に戻ってくることを祈ります。

(▼下に続く▼)

明日の先発は高橋奎二。
週末の巨人戦、2位争い直接対決に勢いをつけるためにも、
明日も勝つぞ!

↓「共感できた」「たのしかった」方は よろしければ1日1ポチッとしていただけるとうれしいです。

コメントは、@puntaro_ys の対象ツイート または 固定ツイートの返信まで。フォローもお待ちしています。

東京ヤクルトスワローズ 応燕ブログです。「傘の花 咲かせ」じゃなくて「傘の華 咲かせ」だよ。どっちでもいいんだけどね。(Swallow Blog)