7/2 中日戦○ 大勝! セ・リーグのペナントレースがおもしろくなってきた。

中村悠平が、発熱のため出場選手登録を抹消されました。ワクチンの副反応でしょうか。長期離脱にならないことを願います。

先発は、今季2戦2勝で絶好調の高橋奎二。今日も力強いピッチングに期待。

試合は……中3-9ヤ 打線つながり大勝!

高橋は初回・2回ともにランナー出すも無失点で切り抜けます。
ストレートは走ってはいるが、前回に比べ制球も安定せず、昨季までの奎二を見ているようでした。

3回、フォアボールで出したランナーが3塁に進み、犠牲フライで失点。
さらに、ビシエドにレフトスタンド中段に運ばれさらに失点。
4回にも、2アウトから連打で失点。続く大島にフォアボールを出したところで降板。
今日は、前回のようにテンポよくカウントをとることができず、先発の責任を果たすことができませんでした…残念。

打線は、昨日 最終回に阪神クローザースアレスを打ち崩し大量5得点の勢いそのままに、タイムリーの連続!
塩見はチャンスメイク&タイムリーの3安打。
オスナは、ラッキーなタイムリーもありましたが、4安打の大活躍。
6回には、青木のレフトへの2点タイムリー、さらに村上の1・2塁間への2点タイムリーでダメ押し。
15安打9得点で中日を圧倒しました。

奎二は早々にマウンドを降りましたが、中継ぎ陣が素晴らしいピッチングを見せてくれました。
特に、奎二の後 4回途中からマウンドにあがった大西の力投で、流れを中日に渡さなかったことが大きかった。
大西・星・大下・吉田大喜の継投で、5回以降得点を許さずゲームセット。

阪神戦は終盤 目の離せない展開でしたが、今日は安心して見ていられましたね。
昨日の勝利は、いろんな意味で本当に大きな1勝でした。
連勝で貯金も8に。
そして、首位阪神が負けたためゲーム差が4に。阪神独走から一転、セ・リーグがおもしろくなってきました。

スワローズ打線は強力になったな。
今日見ていて、つくづく思った。
オスナ・サンタナの加入、
塩見が離脱することなく好調をキープ、
捕手の中村・古賀が攻撃にも貢献、
青木の復調、
そして不動の4番村上はホームラン量産。
いつものシーズンだったら、この時期から失速するスワローズですが、今年はまだまだ快進撃が続きそうな予感。

(▼下に続く▼)

明日はライアン。
ここ2戦 不調が続いていますが、明日はエースらしいピッチングを見せてくれるはず。
明日も勝つぞ!

↓「共感できた」「たのしかった」方は よろしければ1日1ポチッとしていただけるとうれしいです。

コメントは、@puntaro_ys の対象ツイート または 固定ツイートの返信まで。フォローもお待ちしています。

東京ヤクルトスワローズ 応燕ブログです。「傘の花 咲かせ」じゃなくて「傘の華 咲かせ」だよ。どっちでもいいんだけどね。(Swallow Blog)