6/6 西武戦○ シーソーゲームを制し昨日の借りを返す

今日もレディースDAY、小雨の神宮にはたくさんの女性ファンが。
女性の来場者はユニフォームがもらえました。今日のはクルーユニ・燕パワーユニの色違いで胸は「Swallows」。おさえ目のピンク、スワローズっぽくて良いと思う。

ピンクに染まるスタンド、緑とあわさって桜餅のようだ。

昨日は勝利目前で逆転負け、今日はリベンジできるか。

試合は…ヤ9-6 勝利でカード勝ち越し!

先発は久しぶり高梨。それほど打ち込まれた印象ないですが、なんで抹消されてたんだっけ!?

初回、二死満塁のピンチを迎えますが、ここはなんとか抑え無失点で切り抜けました。しかし2回、2アウトから粘れず失点。
そして3回、フォアボールの後、昨日に続き 呉(WU)にホームランを打たれ2失点。
高梨は3回途中で降板。四死球4つで本来のピッチングができませんでした。

3回から継投となり、今日もリリーフに負担のかかる展開に。

初回の攻撃、塩見フォアボールで出塁すると、テツトのボテボテピッチャーゴロがフィルダースチョイスで一死1・3塁に。村上がフォアボールで満塁に。
続くサンタナはフォアボールで押し出し、無安打で先制できました。
ラッキーはさらに続き、オスナの打ち上げた打球がポテンヒットとなり1点追加。
初回から、もらったような2点がはいりました。

なお一死満塁、しかし元山がゲッツーで初回の攻撃終了。昨日の初回と同じ、点とれる時にとっとかないと、後に響きそうな気が…

3回、呉のホームランで逆転されますが、その裏の攻撃、二死2・3塁とすると、初回はチャンスを潰した元山が ライトへ2点タイムリースリーベースで再逆転!

さらに4回、青木のレフトへのタイムリーで2点リードに!
今日の試合は、逆転、再逆転の繰り返し。

5回のマウンドは坂本、高梨同様にフォアボールの後ホームランを打たれ、同点に追いつかれます。
6回も、最近好投が続き信頼を取り戻した梅野が先頭バッターにホームランを打たれ勝ち越しを許します。梅野までもか…

西武のバッターはいつでもフルスイングしてくる。たとえ2ストライクに追い込まれても。これがセパの野球の違いなのか。
昨日からの一発攻勢、トラウマになりそうだ。

7回のマウンドは石山、先頭山川の打球はライトへどんどの伸びてくる、ああ今日もか…とあきらめかけたところ、サンタナがフェンスにぶつかりながらキャッチ! 守備で石山を助けました!

1点ビハインドの8回の攻撃、先頭山崎がフォアボールで出塁すると、好調塩見がライトへヒットで無死1・2塁に。

そして打席は、すっかり復調し今日すでに2安打の青木、打球は右中間をやぶり、2点タイムリーツーベース!
再々逆転に成功!

でも、このままでは昨日と同じ1点リードで9回を迎えることになる、この上なく不安だ…
しかしそんな不安を一蹴する、代打川端の一塁線へのツーベースでリードは3点に!

さすが天才

3点リードの9回のマウンドは、昨日最終回に3本のホームランで4点を献上してしまったマクガフ。リベンジの時がやってきました。
クールで顔には出さないマクガフですが、その闘志が伝わってきました。

先頭の森を空振り三振に、続く中村、栗山を内野ゴロに打ち取りゲームセット。
終盤の鮮やかな逆転劇、昨日の借りはきっちり返しました。

昨日の3被弾からのリベンジ、マクガフが一回り大きくなったように感じた。スワローズファンの不安を振り払ってくれました。僕的には、今日のヒーローはマクガフだ。

今日も2本のタイムリーを含む3安打、青木が本来の姿を取り戻しました。

(▼下に続く▼)

交流戦は6勝6敗の5分に。
打線好調、この勢いでビジターの残り2カードも期待できそうです。
絶対勝つぞ!

↓「共感できた」「たのしかった」方は よろしければ1日1ポチッとしていただけるとうれしいです。

コメントは、@puntaro_ys の対象ツイート または 固定ツイートの返信まで。フォローもお待ちしています。

東京ヤクルトスワローズ 応燕ブログです。「傘の花 咲かせ」じゃなくて「傘の華 咲かせ」だよ。どっちでもいいんだけどね。(Swallow Blog)