6/20 中日戦○ 不可能なんてないよ 慎吾!可能だらけさ!!

梅雨の晴れ間、暑い。膝から下が焼けてヒリヒリする。

試合は……ヤ2-1中 奥川3勝目!

先発の奥川、今日はストライク先行で、変化球のキレも良く、凡打の山を築きます。
課題のランナーを出してからのピッチングも、落ち着いてストライクゾーンに投げ込み、得点を許しません。
5回を終わって無失点、投球数も少なく、完投ペースだ。

6回、大島がヒットで出塁、盗塁で2塁に進み、クリーンナップを迎えます。
ここから2連続フォアボールで二死満塁。
疲れたわけではなく、ピンチでテンパったわけでもなく、慎重にコーナーを狙った球がほんの少しずつ外れただけだったと思う。今日の主審は判定キビしかったしね。
5番堂上を内野ゴロに打ち取りピンチを脱しました。

奥川は、はじめての7回マウンドへ。
ここも三者凡退に打ち取り、打線の援護を待ちます。

中日先発は、なぜかこれまで相性が悪い勝野。
今日も、四死球で出塁はあるものの、ヒットが出ない。
6回を終わって依然ノーヒット。
CSで菅野にノーノーやられて以来、トラウマになっているスワローズファン、奥川が好投しているだけに、早く1本がほしい。

7回の攻撃、簡単に2アウトとなり、古賀に代わり宮本が打席へ。
すると…ようやく出ました、センター前へチーム初ヒット!

スタンドからは安堵の声。「タケシありがとう!」

そして、続く奥川の打順で代打川端。
奥川に勝ち星をつけるためには、なんとしてもこの回に得点しなければならない。

低めの変化球を捉えた打球は一直線にライトスタンドへ!

打った瞬間にホームランだとわかりました。シビれました。

何故か流行りのゴルシ一着ポーズ

2点先制し、奥川に勝ち投手の権利が。
あとは勝ちパの継投で逃げ切るだけ。

8回のマウンドは清水。先頭にいきなりホームランを打たれ1点差に。
そしてさらにフォアボールとヒットで一死1・3塁に。
ここで、梅野にスイッチ。

4番ビシエドのショート上への飛球を元山がジャンピングキャッチ!
2アウトとすると、5番堂上を三振にとり、火消しに成功。
絶体絶命の場面で登場する梅野はまさに救世主だ。

1点差の9回のマウンドは、今日もマクガフ。
簡単に2アウトをとり、最後は代打福留を三振に仕留めゲームセット。
7回無失点、好投の奥川は3つ目の勝ち星をあげました。

毎回少しずつ成長をみせていた奥川ですが、今日は2歩も3歩も前進したように感じました。
決め球に欠き粘られることもなく、ランナーを出して不安定になることもなく、理想的なナイスピッチングでした。

腰の状態が心配されていた川端、得意のバットにのせて外野の前に落とすヒットならともかく、ライトに引っ張ってホームランにするとは。
2018年の燕プロジェクトで打ったサヨナラホームランを思い出しました。(川端のホームランは、それ以来なんだとか。)
昨年7月の巨人戦、代打サヨナラタイムリーの時も今日と同じ投稿タイトルだったな。
「不可能なんてないよ〜♪ 慎吾! 可能だらけさ!!」
これからも頼りにしています。

(▼下に続く▼)

現在ジャイアンツと同率2位と大健闘のスワローズ。
当然、これに満足することなく、上を目指してほしい。
来週はビジターで広島戦から。
絶対勝つぞ!

↓「共感できた」「たのしかった」方は よろしければ1日1ポチッとしていただけるとうれしいです。

コメントは、@puntaro_ys の対象ツイート または 固定ツイートの返信まで。フォローもお待ちしています。

東京ヤクルトスワローズ 応燕ブログです。「傘の花 咲かせ」じゃなくて「傘の華 咲かせ」だよ。どっちでもいいんだけどね。(Swallow Blog)