6/9 ロッテ戦○ ギリ逃げ切る、胃が痛い。

昨日登板の奥川と入れ替わりで星が登録されました。
勝っていても負けていても、長いイニングでも短いイニングでも、良い時ばかりじゃないけど、困った時にマウンドへ、そんな星を応燕しています。

今日のスタメン7番はライト宮本。宮本のライトってこれまであったかな? 昨日の太田に続き経験を積ませるということかな?

先発は田口、親しみやすいキャラクターとプレースタイルでファンも増え、スタンドでも「34」をよく見かけるようになりました。マリモグッズも発売されたようで、何年も前からスワローズにいる選手のようです。

試合は…ロ3-5ヤ 田口粘投で3勝目

最近4試合 初回に得点しているスワローズ、好調塩見・青木が倒れますが、テツトが三遊間にヒットで出塁すると、村上フォアボールを選び2アウトながら得点圏にランナー進みます。
ここで、オスナ・サンタナの連続タイムリー! あれ、オスナとサンタナ、順番入れかわってる。両者ともに低めの落ちる球をうまくすくい上げました。
今日も初回に2点先制、主導権を握ります。

3回には、昨日に続きテツトがレフトスタンドへ特大ホームランで1点追加。
テツトは今日3安打、アウトになった打席も良いあたりでした。交流戦前半は下降気味だった調子も再び上向きのようです。

先発の田口、緩急をつけコーナーへ投げる 的を絞らせないピッチングは健在、テンポ良く初回は無失点で終えます。
2回、3本のヒットで1点失いますが、その後崩れる事なく5回まで追加点は許しませんでした。

田口が投げる時は、石川が投げている時と同じような気持ちになる。石川と違うところは、闘志を表に出してくるところかな。
特にパ・リーグはフルスイングしてくるだけに一歩間違えば大惨事、見ている方も力が入る。

今日の田口は、先頭出しがちでしたが、それでも粘り強いピッチングを続けました。

6回、オスナの2つのエラーで一死1・2塁に。打たせて取るタイプの田口にとって、これは痛すぎる…
なんとか凌いでほしいところでしたが、粘りきれずレフトへ打たれ失点。
続く7回も失点し、連打を浴びたところで降板。6回途中 被安打10ながら3失点、粘り強さがあらわれています。ナイスピッチングでした。

初回に2点先制して、テツトのホームランでリードしながら、じわじわと追い上げられリードは1点。
8回のマウンドは清水、先頭をヒットで出しますが、送りバントがフライになり、1塁ランナーが戻れずダブルプレー。ラッキーもあり無失点で切り抜けます。

1点リードの9回、是が非でも追加点のほしいところ。
オスナの内野安打(エラーっぽい)とサンタナのヒット(今日4本目)で一死1・2塁、そして渡邉大樹がデッドボールで満塁に。
一本ほしいところで中村の強い打球がセカンドの横を抜け1点追加! 貴重な追加点がはいりました。

なおチャンスは続き、打席は元山。
ここで代打川端という選択肢は無かったのかな…迷わず慎吾だと思った。
元山は浅い外野フライ、続く塩見も三振に倒れ、追加点は1点のみ。

2点リードとなった9回裏、マウンドはマクガフ。9回逆転負けした先日の西武戦が頭をよぎる。
先頭を追い込みながらポテンヒットで出塁を許してしまいます。さらに内野安打で一死1・2塁に。打ち取っているんだけど、今日もツキに見放されているのか…
さらに、一発のあるマーティンをフォアボールで歩かせてしまい、一死満塁、一打逆転のピンチに。
祈るような気持ちでマウンドを見つめる、あぁ胃が痛い。

ピンチは招いてしまいましたが、今日のマクガフは悪いわけではない。
いつものように落ち着いて力のある球を投げ込み、クリーンナップ3番・4番を連続三振にとりゲームセット。
無失点に抑えチームを勝利に導いたマクガフに拍手。

ドキドキするゲームでしたが、なんとか逃げ切り勝利、対戦成績も1勝1敗に。

田口は3勝目!

ヒーローインタビュー「野手のみなさんに助けられ…」って、足も引っ張ったけどね。

交流戦好調の塩見・青木が今日はノーヒットでしたが、そのかわりテツト・サンタナが大当たりでした👍

(▼下に続く▼)

明日は、これまでは良いんだか悪いんだかよくわからないピッチングのサイスニード。
正直、期待半分 不安半分。
そしてロッテは佐々木朗希、これまでじっくり見た事無いのでちょっと楽しみ。
カード勝ち越しをかけて、明日も勝つぞ!

↓「共感できた」「たのしかった」方は よろしければ1日1ポチッとしていただけるとうれしいです。

コメントは、@puntaro_ys の対象ツイート または 固定ツイートの返信まで。フォローもお待ちしています。

東京ヤクルトスワローズ 応燕ブログです。「傘の花 咲かせ」じゃなくて「傘の華 咲かせ」だよ。どっちでもいいんだけどね。(Swallow Blog)