6/10 ロッテ戦● なぜ慎吾出さない? モヤモヤする。

交流戦はここまで7勝7敗、個人的にはまずまずと思っているのですが、今年はセ・リーグの勝率が良く、特にセ・リーグ下位のチームが勝ち越しているし、2位の巨人とは1ゲーム差。今日は勝ちたい。

ロッテ先発は、高校時代から豪速球で注目された佐々木朗希。プロ野球界の未来を背負う奥川世代のピッチングにも注目です。

試合は…ロ2-1ヤ 敗戦そしてカード負け越し。

ここ数試合初回に得点しているスワローズですが、今日は三者凡退。
しかし2回、先頭村上が佐々木朗希の低めの速球を完璧に捉え、レフトスタンドへホームラン!

今日もスワローズが先制しました。
しかしその後、6回まで村上のホームランの1点のみ。それほど良いとは思えない佐々木朗希を捉えきれませんでした。

先発はサイスニード。球威は佐々木朗希にも負けていない、制球も悪くなく、序盤はほぼ完璧なテンポの良いピッチング。
前回登板の楽天戦でも一周り目は今日と同様に完璧なピッチングを見せましたが、二周り目に突如制球を乱し失点。
そして今日も二周り目となった4回、先頭をフォアボールで歩かせると、この回3つのフォアボールで満塁に。3回までとは別人のよう。
それでも、ここはなんとか踏ん張り無失点で終えました。

続く5回、もう不安しかない。
先頭の弱いあたりが内野安打となり出塁を許すと、牽制悪送球でランナー2塁へ。
フォアボールで1・2塁とすると、送りバントをまたまた悪送球で2塁ランナー一気にホームイン。サイスニードの一人相撲で同点に追いつかれてしまいました。
なおも、無死1・3塁のピンチでしたが、ここはマーティンを三振に打ち取ると、続くバッターも併殺に。強いあたりでしたが正面に飛んでくれて助かりました。

サイスニードは5回で降板。5回1失点と聞くとそれほど悪く無いが、なぜかものすごく印象の悪い内容でした。
やっぱりサイスニードは良いんだか、悪いんだかよくわからない。

前半5回を終え1−1の同点、今日もリリーフに負担のかかる展開に。

大西・今野の力投、そして青木のホームへの好返球もありなんとか得点を許さず踏みとどまってきましたが、8回 清水がレアードに一発を浴び失点。少し高かったかもしれないが、悪い球ではなかった。仕方ない。

1点を追う9回の攻撃、1アウトから中村がフォアボールを選んで出塁。
打席は元山。昨日と同じ、当然代打川端だと思ったが、元山がそのまま打席へ。えっ、確かに元山は最近あたりも戻ってきてはいるが、守備なら西浦がいるし、もしゲッツーなら試合は終わってしまう、ここは慎吾でしょ。
昨日に続き、なんとも不可解な采配。
そして、元山ゲッツーで試合終了。川端はネクストで準備していましたが、出番なし。なんかすごーくモヤモヤする。

今日はエラー4つ、やっぱりミスが続くと勝てないか。
そういえば、先週のサイスニード登板試合もミス連発だったな。なんか関係あるのか?

(▼下に続く▼)

カード負け越し、そして交流戦も負けが先行で最終カードのソフトバンク戦を迎えることに。
ここ7試合の勝敗は●◯●◯●◯●、ということは明日は○
そして明日は前回好投の石川。
明日は勝つぞ!

↓「共感できた」「たのしかった」方は よろしければ1日1ポチッとしていただけるとうれしいです。

コメントは、@puntaro_ys の対象ツイート または 固定ツイートの返信まで。フォローもお待ちしています。

東京ヤクルトスワローズ 応燕ブログです。「傘の花 咲かせ」じゃなくて「傘の華 咲かせ」だよ。どっちでもいいんだけどね。(Swallow Blog)